名古屋市中区にある初めての方も安心の鍼灸院【ソアン治療院】
上前津駅徒歩1分

「ホームページを見た」とお伝え下さい

052-243-4900

完全予約制(月曜~土曜 10:00~19:30)

menu

ブログ

「気・血・水」のバランスを整えよう

私たち鍼灸師の考え方は「東洋医学」に基づいております。
東洋医学的バランスとは、「気」「血」「水」の3つの要素が互いに助け合い、上手く循環している状態が理想とされています。

「気」とは
活力があり、休むことなく活動する物質(エネルギー)。
気の作用は以下のようにたくさんあります。
推動作用:成長・発育、生理的活動や新陳代謝をする働き。すべての気に備わっている。
温煦作用:臓腑や器官などの組織を温め、体温を保持する働き。
防御作用:体表において外邪の侵入を防ぐ働き。
固摂作用:血・津液・精液などをつなぎ留め、血や汗、尿などが漏れ出るのを防ぐ。
気化作用:気が津液や血に変化したり、津液が汗や尿として体外にでたりする働き。

元気、陽気、活気など「気」のつく言葉はたくさんありますが、元気は生命活動の根本の気で原動力となり、臍下丹田に集まり経絡を介して全身を巡ります。

「血」とは
四肢や臓腑を潤し活動を支え、全身に栄養分と酸素を運びます。

「水」とは
唾液、胃液、涙、汗、尿など体内を満たしている水分。
体内の臓器、組織や皮膚、粘膜を潤わせ養う働きがある。

これらの「気」「血」「水」のうち1つの要素でも異常や働きが弱まると、ほかの要素にも悪影響を及ぼしバランスが崩れお身体の不調がでてきます。
この要素の中でも「気」がとても重要になってきます。
「気」の流れをコントロールし整えることができれば身体の状態も整っていきます。

東洋医学の考え方である経絡治療も「気」の流れを整えることがとても重要となっていきます。
ツボをケアすることは「気」を整え、自己治癒力を高めることにも繋がります。

気血が停滞したり不足すると身体全体にエネルギーがゆきわたらない為、疲れやすい状態や体調を崩しやすくなります。
ツボ押しで、「気」「血」「水」のバランスを整え健康増進・病気を予防しましょう。

「関元穴」
身体の中心線上で、おへそから指幅4本下がったところ。
丹田(気力が集まるところ」の部分で、生命力の基本となる「元気」を注ぎ補います。

「足三里穴」
膝蓋骨のすぐ外側にあるくぼみから指幅4本下がったところ。すねのふちに取ります。
健康維持や病気の予防が期待できるツボです。

「腎愈穴」
直立した時、肘が脇腹にあたる位置と同じ高さの背骨から、左右外側へ指幅2本ずれたところ。
分かりやすく取穴すると、お臍の高さで腰に手を当て、親指が届いたところです。
生命力を高めるツボとなります。

健康増進には消化機能を高め、規則正しい食生活や生活習慣を過ごすことが大切ですが、ストレスの多い現代社会では気を付けていても良いバランスを保つことは難しいです。
そんな時は、ツボ押しで「気」を整え治癒力を高め、身体のバランスを整えるよう心がけていきましょう。