名古屋市中区にある初めての方も安心の鍼灸院【ソアン治療院】
上前津駅徒歩1分

「ホームページを見た」とお伝え下さい

052-243-4900

完全予約制(月曜~土曜 10:00~19:30)

menu

ブログ

臓腑病証

臓腑病証とは治療指針となるべくもので、西洋医学でいう病名(診断名)に相当するものです。
臓腑は互いに密接な関係をもち、臓腑・組織・器官に及ぶため総体として把握する必要があります。

【肝の病証】
主な働き:気血の流れを調整、血を貯蔵し筋を主る。
     判断力や計画性などの精神活動を支配する。
関係の深い部位:目・筋肉・腱・涙・爪
症状:胸脇痛、眩暈、痙攣、目や筋の症状など
   ※脾胃の運化機能・情動調整の異常、目や筋の異常

【心の病証】
主な働き:全身に血を送り出す、神を蔵し五臓六腑を統括する。
関係の深い部位:舌・顔面・血管・汗
症状:心悸、心痛、不眠、多夢、健忘など
   ※精神活動、血液循環、顔、舌などの異常

【脾の病証】
主な働き:飲食物の消化吸収、津液を作り出す。
     運化・昇清・統血を主る。
関係の深い部位:口・口唇・食道・唾液
症状:食欲不振、腹部症状、便異常、浮腫など
   ※飲食物の消化・吸収、水分代謝、気血生成などの異常

【肺の病証】
主な働き:呼吸作用、気・血・津液を全身に送り出す。
関係の深い部位:鼻・体毛・皮膚・気管
症状:呼吸の異常、喘息、痰、鼻や皮膚の症状など
   ※呼吸、気の生成と輸送、津液代謝、血行の障害など

【腎の病証】
主な働き:精を蔵し、原気をもたらす。
     生殖・発育、津液、納気を主る。
関係の深い部位:耳・歯・骨・髪・生殖器・泌尿器
症状:腰膝のだるさ、浮腫、耳鳴り、難聴、白髪、脱毛、不妊、二便異常など
   ※精、水液、生殖、発育などの異常

これらの各臓器の機能や症状を参考に、問診等より治療穴などを決めていきます。
また、臓器の症状より「気虚」「血虚」「陰虚」「陽虚」など八綱弁証に当てはめていきます。

例えば「肝」の症状で説明していきます。
先程、目や筋肉、爪や涙などと関係が深いと説明しましたが、訴える症状により病証が異なります。

「肝血虚」➔肝症状+血虚症状。
      目の乾燥・かすみ、脇部隠痛など

「肝陰虚」➔肝症状+陰虚症状。
      目の乾燥、手足のひきつり、五心煩熱など

「肝陽亢進」➔肝火上炎+肝(腎)陰虚症状。
       めまい、耳鳴り、頭痛など

「肝気鬱結」➔肝症状+精神+気滞。
       精神抑うつ、胸脇苦満、梅核気など
       ※梅核気・・・喉のつまりや異物感、違和感があること。一般にのど周辺は発赤や腫脹を伴わない。

「肝火上炎」➔肝症状+熱症状。
       頭痛、目の充血、イライラなど

このように「肝」の症状で特徴的な「目」の症状でも乾燥・かすみ感なのか充血なのかで病証が異なります。

みなさんも症状に当てはめ、どの臓器が弱まっている・高まっているのか見てみましょう!