名古屋市中区にある初めての方も安心の鍼灸院【ソアン治療院】
上前津駅徒歩1分

「ホームページを見た」とお伝え下さい

052-243-4900

完全予約制(月曜~土曜 10:00~19:30)

menu

Soin News

舌診

舌は経絡を通じて直接あるいは間接的に多くの臓腑と関連しています。このため臓腑の精気は舌に現れ、臓腑の病変も舌象の変化として現れるとされているので、舌診により内臓の病気変化を診察する重要なものとされています。

舌象の変化は、客観的に人体の気血の盛衰、病邪の性質、病位の深さ、病状の進展状況を反映しています。
一般的にいうと、内臓の虚実を診るときには「舌質」の観察に重点がおかれ、病邪の深さと胃気の存亡を診るときには「舌苔」の観察に重点がおかれています。

【舌診】
舌体の形態や舌質の色と性質、舌苔などを観察していきます。
舌質(体)とは、舌の肌肉・脈絡組織であり、舌苔とは舌体の上に付着している苔状のものです。

○正常な舌の状態
①舌体の形態:萎縮や腫脹、強ばりや歪みなどがなく、裂紋や点刺もないなど、特別な形態変化がない。
②舌質の色:淡紅色。気血がともに適切に舌質をめぐっていることを示す。
③舌苔色と性質:舌の中心部に薄い白苔があり、適度に潤いがある。

※舌と臓腑の関係
舌尖:心・肺 
舌中:脾・胃
舌根:腎
舌辺:肝・胆

○病理的な舌の状態
①舌体の形態
・胖舌:舌体が腫れて大きいもの
・痩舌:舌体が痩せて小さく薄いもの
・裂紋舌:舌体の表面に亀裂があるもの
・歯痕舌:舌体のふちに歯のあとがあるもの
・芒刺舌:舌体にとげ状の隆起があるもの
・硬舌:舌体が強直し、舌運動が円滑ではないもの
・軟舌:舌体が軟弱で、伸縮無力なもの
・顫動舌:舌体が震えて止まらないもの
・歪斜舌:舌を伸ばした時に舌体が歪むもの

②舌質の色
・淡舌(浅紅舌):正常な舌色より淡白なもの
・紅舌(鮮紅舌):正常な舌色より赤いもの
・絳舌(深紅舌):舌色が深紅色であるもの
・紫舌(青紫舌):舌色が青紫であるもの

③舌苔
〔舌苔の色〕
・白苔:白い苔
・黄苔:黄色い苔
・灰苔:浅黒色の苔
・黒苔:黒い苔、または焦げた苔

〔舌苔の厚さと苔質〕
・薄苔:苔が薄く、見底※できるもの  
・厚苔:苔が厚く、見底できないもの
・潤苔:苔に潤いがあるもの
・燥苔:苔が乾いているもの
・滑苔:苔の水分過多
・膩苔:苔がねっとりし、剥離しにくいもの
・腐苔:苔がおから状を呈し、剥離しやすいもの
・剥落苔:苔の一部、またはすべてが剥落しているもの

※薄い舌苔を透して舌体が見えることを「見底」できるという。舌苔は見底できるものを薄苔といい、見底できないものを厚苔という。

体調によっても舌は変化していきますので、毎日自然光でご自身の舌の状態をみてみてください。