名古屋市中区にある初めての方も安心の鍼灸院【ソアン治療院】
上前津駅徒歩1分

「ホームページを見た」とお伝え下さい

052-243-4900

完全予約制(月曜~土曜 10:00~19:30)

menu

Soin News

東洋医学の疾病観

東洋医学では疾病について、天候の変化・過度の精神感動・飲食の不適・過労などの内界、外界のさまざまな変化が要因となり、生体内に陰陽・気血・臓腑・経絡などの不調和がひきおこされ、それによりさまざまな病的状態を表すものと考えられています。

病因の分類
・外因(六淫):風・寒・暑・湿・燥・火
外因とは、自然界の気候の変化により、人体を外部から発病させる原因となるものを指す。
この外部原因を上記の六種に分けている。
風・寒・暑(火)・湿・燥の気はもともと万物を発生、変化させる天の「正気」である。しかしこの六気には過剰や不足、あるいは季節に反して出現するなどの異常がおき、他方、人体の正常な適応力や抵抗力が衰えていると、これが発病因子となって疾病を生じさせる。このように病を引き起こす邪気に転じた六気の外因を「六淫」または「外邪」とよび、これらにより起こる病を外感病という。
これらの外因は、単独で疾病の原因となる場合もあれば、いくつかの外因が合併して(風寒、湿熱、風寒湿など)人体を犯すこともある。

・内因(七情):怒・喜・憂・悲・思・恐・驚
内因と内から生じる病因をいい、過度の感情を指す。
代表的なものは七種あるので、七情(怒・喜・憂・悲・思・恐・驚)ともいい、五臓との結びつきから五志ともいう。
内因による病は、体の内部から発病し、緩慢に進行し、陰性の症状を現すことが多い。さらに虚に乗じて外邪が侵入すれば、発熱、疼痛、喘咳などの陽性の症状を現す。

・不内外因:飲食・労倦・房事・外傷など
内因にも外因にも属さない疾病の原因で、社会生活を営む中での病因であり、飲食物の量と質の不適、労働・休養の過不足、房事の不節制、外傷などが含まれる。

○飲食
飲食物は後天の精のもとであり、これを摂取することは人間が生きてゆくために欠かせないものである。
しかし、飲食の摂取が適切に行われないと、様々な疾病の原因となる。
○労倦
労働や房事は、もともと飲食物の消化吸収をたすけ、体内の気血を正常に運行させ、新しい命を生み出すという、生命の維持と発展にとってなくてはならない役割をもっている。これが病因となるのは、労働と休養の調和が崩れたり、特定の動作に偏った労働が長く続いたり、房事が不節制となった場合である。
○外傷
打撲、捻挫、切傷、骨折などの外傷によって、出血、痛み、変形、機能障害などが現れるのは当然である。しかし、東洋医学はそれだけにとどまらず、外傷によって体内に生じた悪血が、のちに内臓の障害を含む重大な疾病を引き起こすことがあると考える。

鍼灸医学では、これらすべての病変を臓腑経絡系の変動としてとらえ、経脈内の気血を整えることにより、疾病の治癒をはかります。