名古屋市中区にある初めての方も安心の鍼灸院【ソアン治療院】
上前津駅徒歩1分

「ホームページを見た」とお伝え下さい

052-243-4900

完全予約制(月曜~土曜 10:00~19:30)

menu

Soin News

外因(六淫)

前回のブログでお話しした病因についての、外因(六淫)をより詳しくお話ししていきます。

○外因(六淫)
外因とは、自然界の気候の変化により、人体の外部から発病させる原因となるもの。
この外部原因を、風・寒・暑・湿・燥・火の六種に分けている。

・風
季節では春に該当されているが、実際には年間を通して四季のすべてに現れる。
「五行」では木、「五臓」では肝と関係が深い。外感病のなかでは、風によるものがもっとも多い。
風邪は、皮毛から人体に侵入することが多く、営衛の気を不通にする。
①風は陽の邪気で、上部を犯しやすい
②風は衛気を犯す
③風邪による病は変化しやすい(遊走性)
④風は百病の長

・寒
冬の主気であり、「五行」では水、「五臓」では腎と関係が深い。
冬の気候は寒冷であり、気温が急に下がると寒邪が体内に侵入しやすい。冬以外の季節でも、雨に濡れてたり、体を動かして汗をかき風に当たると、体温がうばわれて寒邪を受ける原因となる。
①寒は陰の邪気であり、陽気を損傷しやすい
②寒は、気血を渋滞させ、痛みを引き起こす(凝滞性)
③寒は、収縮作用をもつ(収引性)
④寒は臓腑を直接犯すことがある

・暑(熱)
夏の主気であり、「五行」では火、「五臓」では心と関係が深い。
暑邪は、陽の邪気であり、盛夏だけにみられ生気を消耗させる。
①暑は「火」の邪気である
②暑は、陽の邪気で、上昇し発散する(炎上性、開泄性)
③暑邪は、湿邪を伴うことが多い

・湿
長夏(夏の終わりの一ヶ月)の主気とされるが、わが国では梅雨や秋の長雨の時期に邪気となることが多い。
「五行」では土、「五臓」では脾と関係が深い。
①湿は陰性の邪気で、人体の下部を犯しやすい(下注性)
②湿は重く、停滞する(重濁性、粘滞性)
③湿は脾胃を犯しやすい

・燥
秋の主気であり、「五行」では金、「五臓」では肺と関係が深い。
燥邪は陽の邪気であり、口や鼻から侵入し肺を犯すことが多い。
①燥は乾燥させる働きがあり、津液を損傷しやすい(乾燥性)
②燥は肺を傷つけやすい

・火
外因性のものと内因性のものがある。
外因性の火邪は、暑以外の外熱をいい、内因性の火邪は、体内の熱が盛んになりすぎたものをいう。
「五行」では火、「五臓」では心と関係が深い。
①火は陽性の邪気で、上昇しやすい(炎上性)
②気や津液を損傷しやすい
③生風、動血しやすい
④腫瘍を形成しやすい

この六気には過剰や不足、あるいは季節に反して出現するなどの異常が起き、他方、人体の正常な適応力や抵抗力が衰えているとこれが発病因子となって疾病を生じさせます。