名古屋市中区にある初めての方も安心の鍼灸院【ソアン治療院】
上前津駅徒歩1分

「ホームページを見た」とお伝え下さい

052-243-4900

完全予約制(月曜~土曜 10:00~19:30)

menu

Soin News

気の働きについて

気には、すべての臓腑・器官・組織の新陳代謝などを推し進めるはたらき(推動作用)や、体熱を産生、保持するはたらき(温煦作用)、さらに疾病の原因から生体のはたらきを守るはたらき(防御作用)などがあります。
色々な働きがある「気」ですが、気の名称はその主な活動部位と働き方によって異なります。

○原気(元気)
両親から受け継いだ先天の精が変化生成したもので、生命活動の原動力となるものである。(食欲、性欲、そのほか生きようとする欲求をもたらす気)
原気は中焦よりもたらされる後天の精によって補給され、臍下丹田に集まり、三焦の働きにより経絡を介して全身を巡り、臓腑・器官・組織に活力を与える。
原気が旺盛であれば、下腹部に張りがあり、体内の臓腑・器官も力強く働く。したがって活気があり、粘り強く、疾病にかかりにくい。
しかし、原気が衰えると下腹部が軟弱となり、臓腑・器官も弱く障害を受けやすくなる。したがって活動も弱々しく、疲れやすく、冷えて、疾病にかかりやすい。

○宗気
肺において後天の精と天の気が交わって胸中にあつまる気のこと。
五臓の心と肺に関係が深く、これらの臓の活動を支えている気である。(心の拍動を力強く、規則正しく行わせたり、呼吸や発声をしっかりとさせる気)

○営気(栄気)
後天の精から得られる陰性の気(水穀の精気)。
津液を血に変化させ、血とともに脈中を行き、臓腑や手足など内外の諸器官を栄養し、それらの活動を支える。

○衛気
後天の精から得られる陽性の気(水穀の悍気)。
脈外をすばやくめぐる気。外邪に対する防御的な役割をする。

○真気(正気)
先天の気と後天の気からなるもので、人体の正常な活動を支える気を総称したもの。

・推動作用:人の成長・発育や、一切の生理的活動および新陳代謝をする働きで、原気・宗気・営気・衛気・臓腑の気などすべて
      の気に備わっている。

・温煦作用:臓腑・器官など一切の組織を温め、体温を保持する働き。
      とくに衛気・原気・腎気と関係深い。

・防御作用:体表において、外邪の侵入を防御する働きで、とくに衛気と関係深い。

・固摂作用:血・津液・精液などをつなぎ留める働きで、血が脈外へ漏れないようにしたり、汗や尿がむやみに漏れ出るのを防い
      だりする。営気・衛気・脾気・腎気と関係深い。

・気化作用:精が気に、気が津液や血に変化したり、津液が汗や尿となって体外に出る働き。
      営気・衛気・宗気・脾気・肺気・腎気と関係深い。