名古屋市中区にある初めての方も安心の鍼灸院【ソアン治療院】
上前津駅徒歩1分

「ホームページを見た」とお伝え下さい

052-243-4900

完全予約制(月曜~土曜 10:00~19:30)

menu

Soin News

東洋医学における問診~寒熱を問う~

東洋医学の問診では、患者様に寒熱を聞いていきます。
寒熱とは悪寒発熱のことをいいます。悪寒は「さむ気(寒気)」のことであり、温かくしても寒気のするものをいいます。温かくすれば寒気がなくなるとともに、風に当たったり、外気に当たるのを嫌うのは悪風といいます。
寒熱の問診では、まず患者様に悪寒発熱の症状の有無をたずねます。寒熱のあるときには、悪寒と発熱が同時に出現するのか、それとも単独で出現するのか、また寒熱の程度、出現する時間、寒熱の特色およびそれに伴う症状などをたずねる必要があります。
臨床上よくみられる寒熱には、次のものがあります。

○悪寒発熱・・・外感発熱
悪寒と発熱が共にあるものを悪寒発熱という。悪寒が強い場合は、外感病の初期であることが多い。外感発熱は、外邪(主に風寒、風熱)が侵入して正気と争うことにより引き起こされるものである。風寒による表証では悪寒が重く発熱が軽くなり、風熱による表証では発熱が重く悪寒が軽くなる。
表証における寒熱の程度は、病邪の性質と関係があるだけでなく、さらに正気の盛衰とも密接な関係がある。一般的に外邪も正気もともに強い場合は、悪寒も発熱もともに強い。外邪も正気もともに弱い場合は、悪寒発熱とともに弱い。外邪が盛んで正気が弱い場合は、悪寒が重く発熱が軽いが、治りは悪い。その逆に、外邪が弱く正気が強い場合は、悪寒発熱ともに起こらない(外感せず)。

○但寒不熱
寒気はするが、発熱のないことである。寒邪の侵襲や、陽虚のために温煦機能が低下すると起こる。外感の寒邪によるものでは温めてもこの寒気はとれないが、陽虚によるものでは、温めるとこの寒気は軽減する。

○但熱不寒
発熱はあるが悪寒はなく、悪熱のあるもののことである。一般的に裏熱証に多くみられる。

○その他
発熱の程度、時間、特徴などにより、次のいくつかの熱型がある。

・壮熱:高熱が続き、悪熱して悪寒のないものをいう。多汗、口渇などの症状を伴いやすい。

・潮熱:毎日、一定時刻になると発熱を繰り返すものをいう。一般的には午後に発熱するものが多い。

・寒熱往来:悪寒と発熱が交互に出現するものをいう。半表半裏証の特徴である。

・長期微熱:発熱の日数が比較的長く、熱は正常な体温よりやや高い程度、または患者が発熱していると感じるが体温は高くないものをいう。気虚による症状を伴う「気虚発熱」と陰虚の症状を伴う「陰虚発熱」があり、瘀血の停滞によるものもある。