名古屋市中区にある初めての方も安心の鍼灸院【ソアン治療院】
上前津駅徒歩1分

「ホームページを見た」とお伝え下さい

052-243-4900

完全予約制(月曜~土曜 10:00~19:30)

menu

Soin News

東洋医学における問診~二便を問う~

東洋医学の問診では、二便の性状、回数、量の多少などをきいていきます。
大便の形成には、大腸および脾、胃、小腸が関係します。しかし、肺、脾、腎による津液代謝の働きが妨げられると大便の異常が起こります。下痢は脾の異常が多い、軟便・便秘は津液の異常によるものが多いです。また小便は、腎(膀胱)、脾、肺と関係深いです。
少し抵抗のある答えづらい問診かと思いますが、二便の異常はこのように臓腑との関連も深く治療にあたって重要な手がかりとなります。

○大便の異常
・秘結
便秘のこと。便秘に潮熱、口渇を伴うものは、熱証・実証によくみられ、胃腸に熱のある者に多くみられる。便意はあるが、排便無力で、大便は硬または軟であるものは気虚による便秘によくみられる。大便は硬く、兎糞状を呈するものは血虚による便秘によくみられる。便秘に四肢の冷え、夜間頻尿などを伴うものは、腎陽虚による便秘によくみられる。

・泄瀉
大便が稀薄で、出たり止まったりするものを「泄」といい、水様性の下痢を「瀉」という。
慢性の下痢で、軽度の腹痛(喜按)を伴うものは虚証である。急性の下痢で腹部の膨満感や腹痛(拒按)を伴うのは実証である。便が水様で悪臭のないものは寒証である。また黄褐色の水様便で悪臭があるものは熱証である。

・五更泄瀉
腎泄ともいい、夜明け前に下痢をする特徴がある。
鶏鳴下痢ともいい、脾腎陽虚によるものが多い。

○小便の異常
・尿量の増加:寒証、陽虚に現れやすい。消渇にもみられる。
・尿量の減少:熱・汗・下痢などにより津液を損傷すると起こる。また、肺、脾、腎の機能失調により起こるものもある。
・頻尿:尿量が少なく、色が濃く、急迫するものは下焦の湿熱によくみられる。尿量が多く、色が清であるものは、腎陽虚によくみられる。
・小便自利:排尿の回数が多く、尿量の多いもの。(一日十回以上)
・小便不利:排尿の回数が少なく、尿量の少ないもの。(一日二~三回。排尿困難の総称)
・小便閉:小便が出にくいものをいう。排尿困難に下腹脹満を伴うものを「癃閉」といい、前立腺肥大によくみられる。実証には湿熱、瘀血、結石によるものがあり、虚証では脾肺気虚、腎陽虚によるものが多い。
・遺尿:遺溺、尿床ともいい、寝小便や尿失禁をいう。腎虚によるものが多い。

二便の状況によって飲食の問診とつながりがあったり、津液の損傷が顕著にみられることがあります。
二便の性状や回数・量のちがいによりアプローチしていく経絡もかわっていくのです。