名古屋市中区にある初めての方も安心の鍼灸院【ソアン治療院】
上前津駅徒歩1分

「ホームページを見た」とお伝え下さい

052-243-4900

完全予約制(月曜~土曜 10:00~19:30)

menu

Soin News

東洋医学における問診~疼痛を問う~

「痛み」は臨床上よくみられる自覚症状であり、さまざまな疾患に現れます。
経絡走行上にある痛みは、経絡病証であることが多いです。なかには臓腑病証によるものもありますので、痛みの問診は重要となります。
痛みの部位、性質、痛む時間や長さなどをきいていきます。

○痛みの部位
身体の各部位は、すべて一定の臓腑や経絡と連絡しているので、疼痛部位を知ることは、病変のある臓腑経絡を知るために意義がある。

・頭痛
六淫の邪および痰濁や瘀血による頭痛・・・実証
気・血・精などの不足により起こる頭痛・・・虚証

また、東洋医学では頭部の部位に基づく分類がある。
後頭部から項背部にかけて痛む・・・太陽経頭痛
前額部あるいは眉間にかけて痛む・・・陽明経頭痛
両側または一側の側頭部が痛む・・・少陽経頭痛
頭頂部が痛む・・・厥陰経頭痛

頭痛や片頭でお悩みの患者様はとても多くいらっしゃいます。
原因が低気圧によるものなのか、肩こりによるものなのか、自律神経の乱れによるものなのか原因はたくさん考えられますが、痛みの部位がどこなのかで使っていく経絡も異なります。
痛みの部位が毎回違う方もいますが、多く痛む場所があれば問診の際にお伝えください。

・胸痛
胸には心と肺があり、したがって心や肺が病むと胸痛が起こりやすい。
痰濁によるもの・・・胸悶、咳嗽を伴いやすい
瘀血によるもの・・・胸悶、心悸を伴いやすい
陽虚によるもの・・・四肢の冷え、自汗、顔色蒼白などを伴いやすい

・腹痛
大腹(臍より上部)、小腹(臍より下部)、少腹(小腹部の両側)の三つに分類される。
大腹・・・脾胃と関係がある
小腹・・・腎、膀胱、大腸、小腸および子宮と関係がある
少腹・・・足厥陰肝経と関係が深い

・腰痛
腰痛は腎の病変によくみられる。

・四肢痛
経絡や関節、肌肉が風・寒・湿などの邪に襲われ、気血の流れが悪くなると起こる。

○痛みの性質
痛みを引き起こす病因や病証が異なると、疼痛の性質も異なる。
したがって、痛みの性質を知っていれば痛みの原因と病証を知るのに役立つ。

脹痛:脹った感じ、膨満感を伴う痛み(気滞によくみられる)
刺痛:錐で刺したような痛み(血瘀によくみられる)
酸痛:だるい痛み(虚証、湿証によくみられる)
重痛:重たく感じられて痛む(湿証によくみられる)  など

○痛みの喜悪
・拒按・・・疼痛部位に触れたり、按圧すると疼痛が増強すること。実証にみられる。
・喜按・・・疼痛部位を按圧すると、疼痛が軽減または消失すること。虚証にみられる。
・喜温・・・温めると疼痛が軽減すること。寒証にみられる。
・喜冷・・・冷やすと疼痛が軽減すること。熱証にみられる。