名古屋市中区にある初めての方も安心の鍼灸院【ソアン治療院】
上前津駅徒歩1分

「ホームページを見た」とお伝え下さい

052-243-4900

完全予約制(月曜~土曜 10:00~19:30)

menu

Soin News

東洋医学における問診~月経を問う~

女性は月経、帯下、妊娠、出産などの生理現象があります。
女性の患者様には、妊娠しているかどうか、出産の経験の有無などをきいていきます。また、月経、帯下について過去の状況や現在の状況をたずねていきます。
月経の周期、日数、月経血の量や色・質およびそれに伴う症状を問診していきます。

○月経周期(経期)
・月経先期・・・周期が8~9日以上早まるもの。熱証、気虚などにみられる。
・月経後期・・・周期が8~9日以上遅れるもの。寒証、気滞、血瘀などにみられる。
・前後不定期・・・周期が乱れ、不定期なもの。肝鬱、脾腎両虚、血瘀などにみられる。

○月経血の量(経量)
・経量過多・・・血熱、気虚などにみられる。
・経量減少・・・血虚、寒証、血瘀などにみられる。
・閉経・・・月経の停止が三ヶ月を越え、かつ妊娠していないものをいう。血虚、血瘀、寒証などにみられる。

○月経血の色と性状(経色、経質)
正常な月経血の色は紅であり、経質は薄くもなければ濃くもなく、血塊はない。
・淡紅色で経質の稀薄なもの・・・虚証によくみられる。
・深紅色で経質の濃いもの・・・血熱、実証によくみられる。
・紫暗色、または暗紅色で血塊のあるもの・・・寒証、血瘀によくみられる。

○月経痛
・月経前または月経中に小腹部に脹痛が起こるもの・・・気滞血瘀によくみられる。
・小腹部に冷痛があり、温めると痛みが軽減するもの・・・寒証によくみられる。
・月経中または月経後に小腹部に隠痛があり、腰がだるく痛むもの・・・気血両虚によくみられる。

○帯下
こしけ(おりもの)のことである。
帯下の色が白色で稀薄なもの・・・虚証や寒証のものが多い。
黄色や赤色で、濃くて臭いもの・・・実証や熱証のものが多い。

○PMS(月経前症候群)
生理3~10日位前に始まるさまざまな不調のこと。
イライラ怒りっぽくなったり、憂鬱な気分になったり集中力が低下したりなどの精神的症状や、むくみ、眠気、肌荒れなどの身体的症状を伴う。

患者様のお悩みでも、生理痛が重い方、PMSが重い方などさまざまなタイプの方がいらっしゃいます。また、毎月の生理でも痛みの部位や性質も異なる方が多いです。
ご自身でしかわからない痛みや感情なので、余計ストレスを感じ自律神経までも乱れます。
ホルモンバランスの影響もありますが、問診によって証立てができ、治療穴を選択するうえでとても重要となります。
当院では女性鍼灸師もおりますので、女性ならではのお悩み等、お聞かせください。